新潟エンジョイブログ

新潟県内を巡り各地の魅力を伝えていきたいと思います!観光地、グルメなど幅広く更新していきたいです。

話題の新米「新之助」と「コシヒカリ」の食べ比べ弁当

新潟に新しいお米が誕生「新之助

 

今、話題の新しい品種『新之助

 

誰もが知る『コシヒカリ』で有名な米どころ新潟に新しく誕生したお米です。

今年、発売されて以来美味しいと評判!

 

新しい品種は改良を重ねて美味しくなっているといいます。

新潟が誇る『コシヒカリ』と果たしてどちらが美味しいのか?

 

手軽に食べ比べができるお弁当をみつけました

 

新潟県内屈指のスーパー「原信」で販売されていたお弁当はなんと、❝新潟米食べ比べ紅鮭幕の内弁当!!❞


お米の美味しさを引きたてる紅鮭メインのおかずに、ご飯の上にはゆかりがのっています。

 

f:id:maple323:20171121233836j:plain

 

 

新之助コシヒカリの中でも最高級の魚沼産コシヒカリに匹敵する美味しさなんだそうです。

 

だから、これは「新之助」と「魚沼産コシヒカリ」の食べ比べができるお弁当。

 

f:id:maple323:20171121234224j:plain

 


これ実は「半額」でした。すみません。税抜きで550円、税込594円のお弁当って結構高い・・・それだけの価値はありますが。

半額だったら試してみよう!と思って買ってみました。

 

 

ご飯が上下でわかれています。

 

f:id:maple323:20171121234333j:plain

 

 

まず、見た目はそんなに違いがありません。

どちらもふっくらしていて、白くて艶がある。だって新之助コシヒカリですからね。

 

 

新之助

f:id:maple323:20171121234517j:plain

 

 

魚沼産コシヒカリ

f:id:maple323:20171121234619j:plain

 

 

粒の形は少し違うような気もします。(気のせいかもしれませんが)

 

 

食べてみると・・・

 

食感が違う!!

 

新之助の方がやわらかく、モチっとしてて粘り気があります。

 冷えても美味しいお米としてPRされていますが、本当にそのとおりで美味しい。

 

対してコシヒカリはちょっとかたくてしっかりしてる。

味の違いというよりも食感の違いが目立っていて、甘さの違いはよくわかりませんでした。

コシヒカリももちろん美味しいですが、新之助の方が好みです。

 


新之助が発売当初にスーパーウオロクで特売で売られたときに【完売しました】という札が貼られていて「人気があるんだなぁ」と思っていましたが、話題性だけじゃなく、本当に美味しいお米なんですね。

 

「食べ比べ」と謳っているだけあって、きっとご飯の炊き方は一緒で、お水の量なども最適な量なんでしょう。自炊するときはちょっと量にバラつきがありますが、このお弁当で真の食べ比べが出来たと信じています。

 出来立てを比べたわけではありませんが、冷えていても十分美味しい!

 

新之助は若い人に人気らしい

 

テレビでも「新之助」はとりあげられています。

先日もテレビでゆめぴりかなどの新品種と比べられていた新之助

 

小島瑠璃子(こじるり)さんが新之助の美味しさに感動したと言っていました。

新之助の弾力ある新食感が若い人にも人気のあるお米なのだそう。

正直、一般的なお米と比べて1キロあたりの値段は高いです。

 

普段コシヒカリも滅多に買うことがなく、こしいぶきを買っている私からみれば新之助は普段食べるお米としては手が届きません。

おにぎりやお弁当やお店でみかけたらたまの贅沢として食べたくなるようなお米です。

 

でも、お米って一袋買えば何食も食べれます。

お正月はお米だけ贅沢してもいいかも。年末年始にも食べたいお米ですね。